第2回 SIGカンファレンス

第2回 SIGカンファレンスのご案内

 本カンファレンスでは、サルコペニアの理学療法における物理療法の可能性を模索するため、サルコペニアの病態・疫学について最新情報をアップデートしつつ、日本栄養・嚥下理学療法研究会との協力関係のもと、サルコペニアに対する理学療法の研究的視点を発展させることを目的としております。是非ともご参加くださいますようお願い申し上げます。
 

開催概要

【日 時】2022年1月10日(月・祝日)13:00~17:30
【会 場】オンライン開催(Zoomウェビナー)
【合同企画】日本栄養・嚥下理学療法研究会
【対 象】日本物理療法研究会専門会員・一般会員、日本栄養・嚥下理学療法研究会専門会員・一般会員、日本理学療法士協会会員
【参加費】日本物理療法研究会会員、日本理学療法士協会会員 事前参加登録 1,000円
     非会員 5,000円
【お申込方法】
日本物理療法研究会、日本理学療法士協会会員の方は日本理学療法士協会マイページより研修ID ”26028” にて参加登録を行ってください。
非会員の方は、こちらのGoogle フォームより申し込みを行ってください。支払いはバーコード式請求書による現金振込のみです。参加登録締め切り後、登録していただいた住所に順次発送いたします 。
【お問い合わせ】西大和リハビリテーション病院 中村潤二 info(a)jsbapt.jspt.or.jp ※(a)を@に置き換えてください。

 

SIGカンファレンス企画

【テーマ】サルコペニアに対する理学療法 -運動と栄養と物理療法の可能性-
【世話人】生野 公貴(西大和リハビリテーション病院)
【準備委員長】中村 潤二(西大和リハビリテーション病院)
【準備協力】山田 実(筑波大学人間系: 日本栄養・嚥下理学療法研究会)

プログラム

1)特別講演「サルコペニアの最前線」
 土井 剛彦 先生(国立長寿医療研究センター)

2)シンポジウム①「サルコペニアの新たな評価」
・超音波画像診断装置における筋評価最前線
 中村 雅俊 先生(新潟医療福祉大学)
・高齢入院患者のリハビリテーションアウトカムと筋量・筋内脂肪量との関連
 赤澤 直紀 先生(徳島文理大学)

3)シンポジウム②「サルコペニアの新たな介入」
・心不全後サルコペニアと物理療法
 吉田 陽亮 先生(奈良県西和医療センター)
・ICUに入室した重症患者の骨格筋量低下を予防するために〜タンパク質投与とEMSの重要性〜
 松嶋 真哉 先生(聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院)
 
総合司会:山田 実(筑波大学人間系)、生野 公貴(西大和リハビリテーション病院)