2022.08.17

2022年度 研究サポート事業・初級編

テーマ:症例研究から始めよう

趣 旨:これから研究を始める、あるいは学び直しを考えている理学療法士を主な対象としています。日々の診療業務を振り返り、学術的情報の検索も行いながら評価および治療において試みたことを記録し、まとめる作業を支援することを目的としています。臨床実践の相談および本学会学術大会での症例研究での発表支援が目的となります。職場の後輩にもお声掛けをお願いします。

会 場:埼玉県立大学 小講義室 北203-204
日 程:2022年11月13日(日)
講 師(ファシリテーター):村田 健児(埼玉県立大学)
                古谷 英孝(苑田第三病院)
                大坂 祐樹(苑田第三病院)
                東  裕一(日本保健医療大学)
定 員:30名(最大40名)
参加費:4,000円
プログラム(案):
  9:00~       受付開始
  9:30~ 9:35  開会式
  9:35~11:00   症例研究の手順(古谷)
           症例研究の流れ・進め方
 11:00~11:10  休憩
 11:10~12:40  症例研究
          ・胸鎖関節炎と拘縮肩を合併した一症例(村田)
          ・呼吸筋エクササイズにより連続歩行時間が改善した腰椎椎体間固定術後の一症例~呼吸抵抗器具を用いた体幹スタビリティエクササイズの効果
(大坂)
          ・両側変形性膝関節症を伴った後期高齢の左大腿骨転子部骨折症例(東)
 12:40~13:40  昼休み
 13:40~16:10  グループワーク、サマリー作成(古谷、村田、大坂、東)
            参加者自身の症例についてデータを持参していただき、サマリーを作成していただきます。
 16:10~16:20  休憩
 16:20~16:50  発表会
 16:50~16:55  閉会式

参加登録:会員はマイページ(https://mypage.japanpt.or.jp/mypage/login)より登録ください。
セミナー番号「102743」
非会員は以下より登録ください。
https://forms.gle/vPfNWzRX46CnjBbe7