学術大会

第9回日本小児理学療法学会学術大会

テ ー マ 今、小児理学療法に問われるもの ~我々は何をすべきか~
会   期 2022年11月12日(土曜日)~13日(日曜日)
会   場 WEB開催(ライブ配信とオンデマンド配信) 
学術大会長 中林 美代子(新潟県はまぐみ小児療育センター)
副学術大会長 辻 清張(福井県総合福祉相談所)
準備委員長 剱物 充(新潟市民病院)
詳   細 学術大会専用サイトはこちら
抄 録 集 抄録集送付の予定はありません。(ホームページからダウンロード)
内   容 大会長基調講演
「小児理学療法のこれからの課題」
 講師:中林 美代子(新潟県はまぐみ小児療育センター)

特別講演1「脳性麻痺診療の新たな潮流」
 講師:荒井 洋(社会医療法人大道会ボバース記念病院院長)

特別講演2「医療的ケア児の母として、小児理学療法にもとめるもの」 
 講師:野田 聖子 (衆議院議員)

教育セミナー1 「障がい児の家族支援―レジリエンスの視点からー」
 講師:田中 美央(新潟大学大学院保健学研究科)
                     
教育セミナー2「子どもの口腔機能の発達と身体発達のつながり」
 講師:渡邊 賢礼(昭和大学歯学部スペシャルニーズ口腔医学講座)

教育セミナー3アメリカにおける小児理学療法の現状」 
 講師:Sheree York(President,IOPTP  University of Alabama at
                          Birmingham)

大会テーマシンポジウム
「小児理学療法の未来に託す」

シンポジウム
「小児理学療法の卒前教育から臨床への連携」

臨床セミナー1~5 
         
演題発表 口述演題 指定演題・一般演題          30題
     ポスター演題(WEBのみ)             80題

日本小児理学療法学会研究推進部企画

【主催】一般社団法人日本小児理学療法学会
演題募集期間 2022年4月11日(月)正午〜6月30日(金)23:59
演題に関するお問い合わせはこちら