役員紹介

理事

理事長

相澤 純也

<所属>
順天堂大学 保健医療学部 理学療法学科

<メッセージ>
スポーツ理学療法学分野で地道に学術活動をされている会員の皆様が「輝き、チャンスをつかみ、専門職チームで社会貢献ができるプラットフォーム」を目指し、公平公正に法人学会を運営してまいります。

 

副理事長
国際委員会(常設委員会)

寒川 美奈

<所属>
北海道大学大学院保健科学研究院

<メッセージ>
本学会の発展に寄与できるよう、学際的な研究推進やスポーツ現場の多様なニーズに対応するネットワーク構築を進めていくとともに、会員の皆様への情報発信や意見しやすい環境づくりをしていきたいと考えています。


 

副理事長
財務委員会(常設委員会)

鈴川 仁人

<所属>
横浜市スポーツ医科学センター

<メッセージ>
学術活動により構築したエビデンスを活用し、各種機関や団体と連携した事業を実施していきます。
学会のプレゼンスを高め、スポーツ理学療法に携わる全国の幅広い年代の会員に支持される組織になるように尽力します。

 

理事
機関誌調整委員会(常設委員会)

赤坂 清和

<所属>
埼玉医科大学大学院医学研究科

<メッセージ>
世界中で読まれているスポーツ理学療法学の学術誌であるJOSPTとパートナーシップを締結し、専門会員Aは読むことができます。また、『スポーツ理学療法学』の発行準備を進めていて、有益なコンテンツを通して、私たちの学術と治療レベルの向上により、スポーツ愛好家が喜んでいただけるように努めていきたいと考えています。


 

理事

岡戸敦男

<所属>
トヨタ自動車㈱リコンディショニングセンター

<メッセージ>
本学会が法人化されて1年が経過しました。今期は本格的に事業等を推進していく当学会にとって重要な2年間と考えます。スポーツ理学療法に関する学術の質の向上を図り、学術団体としてより一層発展するよう努めてまいります。

 

理事

木村佳記

<所属>
大阪電気通信大学 医療健康科学部 理学療法学科

<メッセージ>
この度、僭越ながら理事に就任いたしました。諸先輩方が築いてこられた本法人学会は、学術団体としての基盤を固める時期にあると考えます。私はこれまで取り組んできた安全で効果的な運動療法の研究と臨床実践の経験を基に、本学会の学術的発展や社会貢献に尽力したいと存じます。

 

理事

小林 寛和

<所属>
日本福祉大学

<メッセージ>
2013年度にスタートした本学会の活動も10年を迎えます。
学会の新たなスタートは、「これからのスポーツ理学療法」を再考するタイミングです。
広く社会の期待や要望に応えていくために、会員一同で、学術的基盤をもった実践的能力の向上に取り組んでいきましょう。


 

理事
理学療法標準化検討委員会(常設委員会)

小山 貴之

<所属>
日本大学 文理学部 体育学科

<メッセージ>
今回、前年度委員長を務めておりました理学療法標準化検討委員会の担当理事となりました。引き続き、会員の皆様にとって有益な情報が届けられるように、委員会委員メンバーとともに活動していく所存です。スポーツ理学療法の発展に貢献できるよう尽力してまいります。


 

理事
広報委員会(常設委員会)

佐藤 正裕

<所属>
八王子スポーツ整形外科

<メッセージ>
法人学会および学会連合が誕生して1年が過ぎました。
JSSPT(日本スポーツ理学療法学会)が学術団体として、日本のスポーツ理学療法の発展に寄与すべく、会員の皆様との情報共有、そして意見交換の礎となれるよう努める所存です。よろしくお願いいたします。

 

理事
機関誌調整委員会(常設委員会)

瀧口 耕平

<所属>
神戸大学医学部附属病院

<メッセージ>
スポーツ理学療法の疑問はスポーツ現場にあり、そのヒントは学術的活動にあると考えております。スポーツ理学療法分野の発展のため、学術的活動と臨床活動の双方向な情報交換が発展的に行えるように、そしてスポーツ理学療法に関わる学会員にとって有益な学会活動が確固たるものになるように尽力して参ります。


 

理事
総務委員会(常設委員会)

永野 康治

<所属>
日本女子体育大学

<メッセージ>
引き続き、理事として学会の運営に関わらせていただくことになりました。総務担当として円滑な学会運営に務め、本学会がスポーツ理学療法の発展につながるよう貢献したいと存じます。よろしくお願いいたします。


 

理事
総務委員会(常設委員会)

廣幡 健二

<所属>
東京医科歯科大学スポーツ医歯学診療センター

<メッセージ>
昨期に引き続き、理事として学会運営に関わらせていただきます。これまで培ってきた知識・経験・ネットワークを活かして国内の学術活動を推進するような活動をしていきたいと思います。本邦におけるスポーツ理学療法の発展に寄与できるよう、尽力いたします。


 

理事
研究推進委員会(常設委員会)

前田 慶明

<所属>
広島大学

<メッセージ>
スポーツ理学療法学分野でリーダーシップがとれる人財の育成、国際的な学術活動の推進に貢献したいと考えております。スポーツ理学療法の学術的領域としての価値を広げ、エビデンスの構築に努め、その成果を会員の方々に向けて情報発信していく所存です。
どうぞよろしくお願い申し上げます。


 

理事

宮下 浩二

<所属>
中部大学 生命健康科学部 理学療法学科

<メッセージ>
スポーツを始めすべてのことに多様性が求められる時代です。学会も同様だと考えます。今まで以上に、多くの異なった考えや意見を出し合い、全体としての理解を深めないと、今後の変化に対応できなくなると思います。本学会も多様な考えの集合体になれるよう、微力ながら尽力いたします。

 

理事
ガイドライン委員会(常設委員会)

渡邊 裕之

<所属>
北里大学医療衛生学部

<メッセージ>
皆さん、スポーツ理学療法の魅力は何だと思いますか。アスリートのイメージは華々しさかと思いますが、一方で想像できない苦しさと厳しさを経験しています。アスリートに寄り添える理学療法は魅力的ですが、要求に応えるべく研鑚の努力を積む必要もあります。本会が会員の知識、技術の向上へ発展させる存在になれたらと考えております。

 

監事

監事

坂本 雅昭

<所属>
高崎健康福祉大学保健医療学部
高崎健康福祉大学大学院 理学療法学専攻

<メッセージ>
これまでの学会運営の経験をもとに、監事の立場から学会運営に協力してまいります。


 

歴代役員 紹介